「算数が得意な子」にするために親ができること

レビューが良かったので買っちゃいました。

「算数が得意な子」にするために親ができること




槙は算数が好きだし、得意なんですけどね。

算数オリンピック金メダリストの子のお母さんの本です。

…正直、世界が違いました。

あぁ…槙のレベルって確かに「できる」方にはいるんだろうけど、上って雲の上なんだなぁ…と。

算数オリンピックに興味があったから見てみたんだけど、これじゃあ届かないだろうなってこの本を見たら思いました。
参考として問題がいくつか載っているんですが、多分槙だと難しいだろうなというようなもの。

以前、病院の先生が「僕、昔、算数が得意だと思ってたんだけど、できる人ってすごくできるんですよね。付いていけないというか。これは無理だなって思って数学者への道はあきらめたんですよねw」って言うようなことを言ってました。
それが分かった気がします。

ただ、内容は非常に参考になりました。

やるべきことはシンプルに1つだけ。

「言葉かけ」だけでした。

言葉かけと言うか、お母さんの口頭問題ですが。
生活の中で工夫しながら問題を出していったようですが、「よくそこまで!!」と感心してしまいました。
国語力に関しては、会話がとても大切であるのは色々な本で紹介されてますが、算数もやはり言葉かけ1つのようです。

一番面白かったのは長さの教え方でした。
私は『5歳からでも間に合う英才教育』に載ってたやり方で試みていたんですが、これだと私が続かずに飽きてしまったのですが、この本に書いてあったのは盲点ともいえるやり方で、いつでも数字に興味を持たせることができるもの。
子どもの体を使うというものでした。

私も早速やってみたら、槙にとっても面白かったみたい。
長さに関する問題を出すと、初めは考えていたものの、慣れると自分の体を使って図るようになりました。

算数問題の方は早々に諦めました。
いくつか載ってますが、正直、私には難しい。
いくつか出してみたんですが、槙のうっとおしそうな表情を見て取って止めました。
多分、レベルが高かったんだと思う。
代わりに、分数や嵩は意識させるようにしました。
これなら生活の中で簡単に教えられるから。

早期教育全般に言えることだけど、教育って親の質もあると思います。
子供に教育したいという欲求があり、見返りは決して求めない、常に子供と同じ目線に立って、あくまでその時の子どもの興味に合わせる形で能力を開花させていく努力ができる、そういう親が子供を豊かにすると思うんです。
この金メダリストのお母さんもそんな感じ。
私はところどころで「この子はまだできるはず!」という欲が出るから、多分それがいけないんだと思います。
…分かっていても治せないんだけど。

私はこのお母さんのように、常に算数の問題を出すことはできないでしょうが、極々易しい問題なら出せると思うんで、ちょっと意識してみようかなと思います。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伊都

Author:伊都
槙(兄)と千朝(妹)、2児の母
なるべくお金をかけずに早期教育実施中。

現在、育児にかなり時間を割いていて更新&コメレスは遅れがちです。
お返事や訪問は遅くなるかと思いますが、よろしくお願いします。

当ブログはリンクフリーですが、相互リンクに関しては関係のあるジャンルのみ受け付けます。
コメントは過去記事へのコメントも含め、大歓迎!
ただし、管理人が不適切と判断したコメント、TBなどは予告なく削除させていただく場合がありますのでご了承下さい。

いくつになったの
カレンダー
過去記事はこちらからどうぞ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Lc.ツリーカテゴリー
FC2カウンター
ブログカウンター
ブログ内検索
Amazon
楽天
最近の記事
FC2ブログランキング
ランキングに参加してます♪

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
おきてがみ
リンク
ワールドファミリー
お小遣いサイト
ポイント貯めてお小遣いGET♪
懸賞&ポイントサイト

フルーツメール


稼ぎ方色々♪
正にお小遣い稼ぎの決定版!!


ポイント還元率高い!
実質無料でお買い物できることも! 無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

電撃キャッシュバックもある?!!


ポイント獲得方法色々☆ お得なポイント貯まる!ECナビ

ライターサイト
記事を書いて報酬GET♪
アフィリエイト ブログ





ブログ広告ならブログ広告.com

アフィリエイトならリンクシェア

アフィリエイト


 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム