とけいのほん1

『とけい』の絵本で時間だけ分かるようになってきて、『かず・とけい』のワークやわんぱくブックで何時くらいだったら分かるようになってきたので、久しぶりに『とけいのほん』を使ってみることにしました。

とけいのほん1 (幼児絵本シリーズ)




『とけいのほん』は1と2があって、1は時間と何時間半が習えます。

前回紹介したbbcの『とけい』と違って、生活を辿っていくんじゃなくて、ストーリー仕立てになってます。
時計の針のちびとのっぽが散歩に行く途中で、どんぐりぼうやとひかりのぼうやに会います。
それぞれに、ちびとのっぽが時間を教えてくれるというお話。

最初はどんぐりぼうや。
4ページくらいに渡って何時を学びます。

最初に長針が12を指しているときは短針を読むことの解説。
針2本がどんぐりぼうやに教えてくれます。
それ以降で時計を読む練習。
見開き1ページで1つの時計を読みます。
後半はひかりのぼうやが出てきて何時半を学びます。

この本で学ぶのは何時と何時半だけ。
1回読んだだけでも1ページが解説、3ページくらいが確認という構成になっているので、時計の読み方が理解できるかと思います。
解説箇所は多少文字のボリュームがあるものの、全体的に少ないです。

1ページほど長い文章を抜粋してみます

みんなで どんどん 進むよ
何時になったかな?

さあ ちびを見るんだよ
ちびは2時を過ぎてしまったね
でもまだ3時にはいってないよ
こんなときには まず 「2時」っていうんだよ

つぎに のっぽを見てごらん
のっぽは時計を半分回ったから
「はん」っていうのだったね

続けて言うと
「じこくは2時半」



見開き1ページで最高ボリュームがこの量です。
もちろん、全部平仮名です。
抜粋するのに面倒で漢字にしました。

これが最高量なので、他はもっと短いです。
参考になっらいいのですが。

目安的には3・4歳~ってところじゃないでしょうか?
時計に興味があることが興味を示す条件じゃないかと思います。
ボリューム的にも就園前の子にはちょっとハードな内容かも。
上の抜粋を見ても分かるように、勉強要素が強いです。
ストーリー仕立てではあっても、教育要素が強いために、絵本が好きでも時計はまるで分からないとか、時計は多少読めてもボリュームのある絵本はダメとかだと無理だと思います。

千朝の場合、3歳9か月時点で時計に興味が出てきたのと、元々本好きなのもあって、この年齢から。
確か3歳7か月くらいでbbcの『とけい』を買ったんだけど(お花見シーズンに買った)、その時点ではこの『とけいのほん』には興味を示してませんでした。
本は好きだけど、時計は興味ないかダメだったんだと思う。
物語ならそれなりに長いのも読んでたけど、これはダメでした。

ちなみに、槙は年中か年長くらいからでした。
年長くらいで小学校の準備として学ぶのにもいいかと思います。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伊都

Author:伊都
槙(兄)と千朝(妹)、2児の母
なるべくお金をかけずに早期教育実施中。

現在、育児にかなり時間を割いていて更新&コメレスは遅れがちです。
お返事や訪問は遅くなるかと思いますが、よろしくお願いします。

当ブログはリンクフリーですが、相互リンクに関しては関係のあるジャンルのみ受け付けます。
コメントは過去記事へのコメントも含め、大歓迎!
ただし、管理人が不適切と判断したコメント、TBなどは予告なく削除させていただく場合がありますのでご了承下さい。

いくつになったの
カレンダー
過去記事はこちらからどうぞ
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Lc.ツリーカテゴリー
FC2カウンター
ブログカウンター
ブログ内検索
Amazon
楽天
最近の記事
FC2ブログランキング
ランキングに参加してます♪

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
おきてがみ
リンク
ワールドファミリー
お小遣いサイト
ポイント貯めてお小遣いGET♪
懸賞&ポイントサイト

フルーツメール


稼ぎ方色々♪
正にお小遣い稼ぎの決定版!!


ポイント還元率高い!
実質無料でお買い物できることも! 無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

電撃キャッシュバックもある?!!


ポイント獲得方法色々☆ お得なポイント貯まる!ECナビ

ライターサイト
記事を書いて報酬GET♪
アフィリエイト ブログ





ブログ広告ならブログ広告.com

アフィリエイトならリンクシェア

アフィリエイト


 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム