FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

ダヴィンチマップ作文プリント

七田のダヴィンチマップ作文プリントを買っちゃいました。


すごーく悩んだんですが…

使えなきゃオクで売ればいいや、と結局購入。

割と本気で槙の作文指導に悩んでます。

ダヴィンチマップ作文プリントは、その名の通り、作文練習プリント
ただし、通常の作文練習とはちょっと違います。
文の構想を学ぶ、とかじゃなくて、マップ作り。

七田のサイトとかに行くとサンプルが見れますが、こんな感じ↓
ダヴィンチマップ

入門編は文を書くものは無いです。
初級編では少しありました。
davinnchimap2.jpg

マップを完成させることができれば難しいことはないと思います。

ただし、マップの作成が簡単そうに見えて意外に難しい。
私の予想と違いました。

親用に一応ガイドもあります。
埋め方の例も載ってます。
入門・初級・中級・上級・達人編全部。

イラストを見て想像してマップを埋めるのですが…

例えば、上の入門編。
槙はこう答えました

形:実の方はハートみたい
音:シャリシャリ
色:赤、緑
味:水っぽい
感想:買ってきたばっかりだと思った

イラストを見て、と説明したのですが、リンゴと言えば何色があるかを考えてしまいました。
他のプリントでもイラストからイメージではなく、一般にどんな色があるかを考えてしまってます。
味に関しては語彙不足です。
水分リッチを「水っぽい」と表現してます。
瑞々しいでしょうね、多分。
夕食とかで味を表現させても、千朝の方が上手いです。
味の表現が…全然ダメだorz

テーマによっても書きやすい・書きにくいがあるようです。
言葉が出ない場合は親が手助けをする必要がありますが、これがなかなか難しいです。
例を出すとオリジナルの発想を潰すことになりかねないし。

私は答えにはならないようにヒントを出して考えを促してます。
で、最後に感想を言うついでに、こういう表現もあるよね~みたいなのを話したりします。

正解も不正解もないんで、とりあえず日本語表現の間違いだけに気をつければいいかな、くらいに気軽にやってます。
スポンサーサイト



にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

切り紙

切り紙

千朝の切り紙記録です。

せっかくだから育児日記に貼ったもの。

右側は切り開く前の形と、千朝との会話を書いてあります。
ハートは千朝から頼まれて沢山書いたのですが、その他はハートに紛れて私が適当に形を描いて、切ったら何ができるかを予想させました。

左上からハート、魚、桜、蝶、クローバー、人、花になりますが、曲線が上手く切れなかったので違う形になってるものもいくつか。
桜(左真ん中)は星みたいだし、クローバー(黄緑)は服みたい。
花(水色)は人型みたいだし。

でも、ハートはほとんどが上手く切れました。


千朝は未だに切り紙が好き。
そろそろ折り紙もやって欲しいんだけど、どうやらわんぱくブック(orなかよしブック)限定みたいで、基本的には興味を示しません。
折り紙もできると幅が広がると思うんだけどな~


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

ボールダーツ

ダーツ

100均でボールダーツを買いました。

ダーツを探してたんだけど、意外にないんですよね。

槙は縁日で射撃とかダーツをやりたがるんだけど、超下手。
なんで、家で練習すればいいのでは?と少し前から探してました。
本当はダーツが良かったんだけど…
先が吸盤になってるようなのなら売ってるかと期待したら、ダーツそのものが売ってなくて、ゲットできたのがコレでした。

でも、野球とかも下手だろうから、これはこれで…

槙は基本、球技が苦手です。

幼稚園の頃は私が見れたからいいんだけど、今は私が無理。
何より、槙自身、今は陸上と勉強で手一杯。
せめて、暇な時にこれで遊べば、多少は球技の練習になるかと。


試しに壁にかけてみたら、槙も千朝も夢中になって投げてました。
そして、意外に槙の投球フォームが良かった。。。
少しは成長したようです。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

100 Words Kids Need to Read by 1st Grade

『Sight Word Fun 1』が終わってから、『100 Words Kids Need to Read by 1st Grade』に取り組ませてます。

100 Words Kids Need to Read by 1st Grade (100 Words Workbook)




アマゾンで中身検索ができますが・・・

ちょっと被るところがあるんですが、画像で紹介します。

100words.jpg

これは最初のページ。
最初はaから。
このように穴埋め系は多くあります。
そのテーマで扱う単語をラインに書き入れます。
ここではa
このページでの作業はaの書き込みと○だけ。

100words 2
色塗りもあります。
結構あるかも?
お姫様を救え!とか赤ちゃんをママに合わせてあげて!とか

100words 3
指定の単語を○や□で囲むもの。
これもよくあります。
こういうのとセットで点繋ぎがあります。
イラストと文を一致させるやつ。

大体この3種類でしょうか。
これに加えて時々お絵かきがあります。
自分の顔を描いたりとか。
まだそんなにやっていないのですが…多分こんなんだと思います。
ちなみに、答えはあります。
40ページくらいで1区切りになってて、文字のみで載ってます。
色塗りや迷路も含めて文字のみの答えです。

親が読んでやれば、フォニクスを習ってなくても大丈夫。
英語表現に慣れる目的で使っても良さそうな感じです。

英文は簡単なものが繰り返し使われます。
単語だけ入れ替えたような同じ文、簡潔な短文、簡単な単語で構成されているので、習ったものを読ませる努力をすれば、英語を習いはじめの子でも読めるようになるんじゃないかと思います。

槙も簡単なのは読めるようになってきました。

といっても、I see a boyとか It is on the leaf みたいなのだけど。
boy=he,girl=sheというのも分かるようになったし、1日1歩くらいのノロさで着実に力をつけて言ってる感じがします。

槙はこれをやってから英語に自信がついたみたい。
英文は私が一緒に読むことで読ませる努力をしてたんですが、簡単な英文を自分から読もうとするようになりました。
これには私も驚いた!!

テキストは1500円くらいしますが、分厚いです。
これで1500円なら安いんじゃないかな?
でも我が家では全コピーで使ってます。
千朝にも使うかもだし。
槙の算数プリントが明らかにカラーのをモノクロで使ってるのを見たときに開き直りました。
小学生だからいいじゃん!

中は点線があって、1枚づつ切り離して使うこともできます。

そうそう、途中途中で絵本があります。
紙を折って自分で作るんですが。
1章終わるごとに1絵本ってところでしょうか。
ただ、習った単語で自分で読める絵本ではないようです。
習った単語で聞けば分かる内容でしょうか。

分からない子がやればわかるようになるし、話せても読めない子がやれば読めるようになる、そんなワークだと思いました。




にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

国語脳ドリル

最近、土日だけ『国語脳ドリル』をやってます。

もう絶版なのか、売ってなくて中古で買いました。
あの深谷先生のです。
前に深谷先生の辞書引きワークは紹介しましたが、それよりも実践的。
ただし、手間はかかります。
槙の場合、毎日色々プリントをやらせたいのもあって、手間がかかるのはちょっと無理。
夏休みにやるように買って、今から土日のワークに加えてます。
中身はこんな感じ

国語脳ドリル
国語脳ドリル2

家庭のコピー機でスキャンしてるんで、見開きにできませんでした。
見づらくてごめんなさい。

写真上は左ページ、下は右ページ。
上の写真で右上に「い」とありますが、このように索引になってます。
あ~んまであります。
各文字1テーマ。
いはインターネットです。
書き方の例は初めの方の説明ページに載ってます。

右ページはみんな同じ作り。
思い浮かべる言葉・辞書の書き写し・分からない言葉の書き出し・漢字練習・調べた辞典の名前を書きます。

左ページはテーマによって違います。
必ずあるのは左の自分の言葉で説明する欄と下のびっくりしたことと不思議に思ったことを書く欄、欄外のクイズです。
びっくりしたことや不思議に思ったことは書くのが難しいと思います。
親のサポートの必要なところ。

また、左ページは辞書ではカバーできません。
他の辞典やネット検索が必要になってきます。
できれば家に色々調べられるツールがあることが理想。
うちはあまりないので、ネットを使わせてます。
タイピングをすっかり忘れてるので、タイピング練習も兼ねてます。
…すぐまた忘れるだろうけどね。

あと、右ページにシールを貼る個所があります。
シールが附属されているので、終わったらテーマにそったシールを貼ります。


基本コピーな我が家ですが、これはノートに直接書き込みさせました。
千朝の時は手に入らないかもしれないけど、その時はまた別に考えればいいかと。

私としては、辞書引きワークよりもこちらの方がいいと思います。
手間は掛かるし、低学年対象と考えれば親が付いて見てやる必要があるでしょうが。
これが絶版だとしたら信じられない!!
親子でやると会話が広がるし、1つで調べられることが多い上に書く作業をするために記憶にも残りやすいと思います。
特に意味を書き写す作業。
これは子供にも親にも大変ですが、読んで書いて読ませることで意味を咀嚼することができます。
岸谷先生や…誰だったか別の教育者の本にもありましたが、教科書の書き写し作業は国語力を伸ばすのに貢献するらしいですが、それがこれで叶います。
身近なものを調べるというのはなかなか物が思い浮かばないものですが、これは46文字分既に単語が用意されているわけですし、知っておいた方がよい単語をピックアップしてくれているので、確実に語彙の向上を期待できます。
辞書引きワークよりも辞書を身近な存在にできそう。

欠点を言えば…
何回も言ってるけど、面倒くさい

見開き1ページやるのにかなり時間がかかります。
特に、慣れないうちは書き写しの作業だけでも時間を取ります。
漢字だって漢字字典を引く必要があるし、自分の言葉で説明するときは、まず口頭説明させてみますが、上手く説明できていないことが少なくありません。
しかも、多分最初にやる時は辞書の意味をなるべく多く使って説明しようとすると思います。
なので、必ず「友達に説明するときにそういう風に説明する?」「その説明で自分は分かる?」と確認を入れます。

砕けた説明をできるようになったら次の段階。

例えば「雲」を説明させたとき、

「軽くて臭いがしません。水や氷の粒です」

これだと説明不足。
霧でも雹でも化合物でも当てはまるものはありそうです。
「それってお祭りで売ってるやつ?」とわざと聞いて別のキーワードを出させる努力をしてます。
ここで「空に浮かんでいる」というのが出ない時は、辞書の説明にもう一度注目させます。
それでも分からない時にどこにあるのかを質問。

ちなみに、人に分かる説明で外してなければOKにしてます。
記号をやった時に「マーク」とだけ書いたけどOKだしました。


また、前述したけど、不思議におもったことやびっくりしたこととかは出てこないものだと思います。
これは槙に限らず、大人でも。
子どもの場合は特に難しいだろうから、親が上手く誘導してやる必要があります。
それでもなければ空欄でいいんじゃないかと。
ある時はあるし、無い時はないでしょう。


ここまで書いてて思ったんですが、子供が詰まった時にある程度誘導できる親じゃないと面倒なだけかもしれませんね。
ただ、できるところをやるだけでも十分力にはなると思います。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

What's the time Mr Wlof?

友達への手土産を買うついでに買っちゃいました。

What's the Time, Mr. Wolf?




Step into readingのシリーズと迷ったんですが、全然関係ないものに。

がっつりハードカバーです。

もう一つ、See you later Alligator!も買ったんですが、こちらに比べてパペット付の理由が不明でした。
どうやって使っていいのかしら?
パペットである必要性を感じませんでした。

ただ、子供たちは喜びました。

千朝は最初怖がってたんだけど、しわがれ声で「It's seven O'clock!」とか言ってたら食いついてきましたw

前に紹介したbbcの『とけい』の英語バージョンみたいな感じです。
時間は朝7時~夕方6時まで1時間毎。
チビ狼が何時か聞いて、お父さん?が答えるスタイル。
時間ごとに「~の時間」と簡単な補足?があります。
時間の聞き方と何時の答え方が覚えられそう。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

少し前、ぷりんときっずを紹介しました。

嵩の問題が欲しくてたどり着いたサイトですが、その嵩の問題をやるにあたって、いくつか実習をしました。

冬にお風呂に計量カップや哺乳瓶を持ち込んでやったのですが、多分忘れてるだろうと思って。
ついでに、ぷりんときっずの問題で閃いて、100均でタレピンも買ってきてmlの方もやりました。
タレピンは3mlと4mlしかなかtったので、10mlがどれくらいかを実際にタレピンに入れて確認しました。

意外にタレピンに入れるのが難しかったようで、これも勉強になりました。
尿検査の時に必要なスキルだしね!

タレピンに入れた後、ガラスのプリンカップに移し替え、更にティースプーンと大匙に移し替えて少ないことを印象付けました。

その後はdlの実習。
こちらはmlとカップ表示の計量カップを使用。
dl表示ではないけど、dlで指示して水を入れさせました。
その後に別の容器に移し替え、この容器は何dl、これは何ℓ入る、と2人で確認しました。


そんなことをやったのが少し前。

今日、復習も兼ねて「4dl入れて」と計量カップを渡しました。
ちゃんと400ml入れられました。

嵩の勉強は少し前に一応終えているんですが、換算問題が心配。
長さもそうだけど、単位換算は苦手に見えるので、学校で習う前にもう少し見ておきたいところです。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

辞書引きえほん 日本地図・世界地図

前から気になってた辞書引き絵本を買っちゃいました。


絵本となってるけど、辞書です。
カラーイラストと写真で解説された辞書。

最初の数ページは地図になってます。
辞書は二部構成。
前半は県、或は国。
あいうえお順で県や国が引けます。
辞書引き絵本

見開きでスキャンしようとしたら微妙に足りませんでした。
中身はこんな感じになってます。

県名の下に書いてあるのは、県庁所在地・県民の数・県の広さ
県民の数と県の広さはそれぞれ全国何位かも。

シンボルも書いてあります。
県のマーク・花・木・鳥

有名なものが県の形の上に描かれています。
ちゃんと実際にある位置の辺りに描かれてるんで、その県の主にどの部分で有名なのかが大体は分かります。
国宝などに関しては後半で説明。
富士山や登呂遺跡の横に赤いマークがありますが、これは後半で説明してるよってマークです。
ページの下部では日本一を誇るものも紹介。

世界地図は同じような感じなので、スキャンしませんでした。

日本地図と異なり、見開き1ページに2~4か国入ってます。
首都・国民の数・国の広さ・主要言語・通貨単位・国旗
これらが1つの枠にまとめられてます。
国の広さは、分かりやすいように「日本の何%」とか「~県と同じくらい」というように記されています。

説明の部分で世界的に有名なものや国の特徴などが記載されているほか、ミニ知識として説明の他に載せられているのもあります。
例えば、アイスランドなら「アイスランド人にみょう字をもつひとはごくわずかで、人口の1割くらい」
用語の説明をしているのもありますが、ミニ知識は「へぇ~」って思うのが多いです。
要は雑学?


後半は前半で出てくるものの説明。
こちらもあいうえお順で並んでます。
むしろ、こっちの方が本格的に辞書っぽいかな?
前半の本マークがついているものに関しての説明で、写真+説明文になってます。


買うのを迷ってたんだけど、早く買えばよかったって思いました。

以前にオクで落としたのが、平仮名ばかりの世界地図絵本で、見る価値がないと、そのまま使わなかったんですが、今回はちゃんと常用漢字程度なら使われていて見苦しくないです。
小学生の辞書にぴったりで、見やすいし、情報量も多いし。
後半に関しても国語辞書のようにボリュームがあるわけじゃないんで、辞書引きを覚えたての子供にも優しい仕様だと思います。
通常の辞書と違って、イラストや写真が豊富なので、絵本としても楽しめるんじゃないかと思います。

槙は届いたその日から、気が向いたときにパラパラめくってます。

家庭によって得て不得手ああるけど、うちの場合、どうやら理科がダメみたい。
図鑑は持ってても、あまり出番がありません。
代わりに、社会系の問題はよく飛び交います。
千朝も日本地図全体の把握は曖昧でも県単位ではいくつか分かってる感じです。
そんなこともあって、これからこの地図絵本も活躍しそう♪


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

時間の問題

テストでは100点を取ってきたんだけど、イマイチ時計の問題が怪しい槙。

なんで、復習も兼ねて、レベルUPバージョンの時計の問題をやらせてます。

現在取り組んでいるのが、ちびむすドリル時間の問題

今見たら3年生用だったけど…
とにかく、これで時間の問題をやってます。

時間と時刻の問題は2年生でもやるような問題なので、難しいと言いつつできるんですが、問題は時間の足し算。

やらせてみたら頓珍漢で愕然としました。

全然わかってないじゃん!!!

答えが24時間以内になるものなら問題ないけど、24時間を超えるものはどうしたらそうなるのかと頭を抱える回答でした。

しかも繰上りができない。
18時間50分+22時間15分の答えが40時間65分って…

結局、1人でできないと判断して一緒にやりました。

65分でなく1時間5分に直すことから説明。
更に1日=24時間である確認。
1日が24時間なので、プリントの上に24×1、24×2を筆算で書き、1日だと24時間、2日で48時間になることを説明しました。
1問ごとにこの式に注目させて、答えが48時間以内であることを理解させ、まず1日と分の部分を記入させ、次に時間から24を引いて24時間からどれだけ過ぎたのかを聞きました。

少しやっていくうちに分かってきたようで、48時間未満だから1日とさっさと書き込んでました。
でも答えの時間から24を引く意味とかはまだ分かってないんだろうな。
まだ練習の必要性を感じました。

1日=24時間と分かっていれば簡単だと思ってたんだけど、そうでもなかったようです。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

まいにちまいにちたんじょうび

もうすぐ千朝の誕生日。

…まだ2か月もあるけど。

他の家族の誕生日が来るたびに11月生まれの槙は羨みます。

「いいなぁ~、俺は11月だから一番最後だよ。まだ来ないよ」

そのたびに私が、1月を起点とするなら確かに最後の方だけど、誰だって次の誕生日には1年待つんだよ?と諭します。

そして、そんな槙に向いてるかな?って思って手にしたのがこの本。

まいにちまいにちたんじょうび




私は笑い上戸というか…結構簡単にツボに入るのもあって、読み聞かせで面白い本があると読むのが辛いんですが、この本も辛い本でした。
『だってだってのおばあさん』に通じるものがあります。
同じ誕生日の話だし。
読んでて笑わないように必死でしたが、堪え切れずに吹き出してしまいました。
でも、すごくいい話です。
主人公の女の子も可愛いけど、お母さんが優しい!!

せっかくなので、簡単にあらすじを。

主人公のいっこちゃんは毎日誕生日がいいと言い出します。
お母さんは「自分でケーキを作ったらお祝いしてあげるよ」と約束。
いっこちゃんは毎日ケーキを作ります。
お母さんは蝋燭を1日ごとに増やしてケーキに飾ってくれます。
つまり、いっこちゃんは3か月近くお誕生日ごっこを続けたら100歳w
それに気づいたとき、いっこちゃんはお誕生日ごっこを止めます。
お母さんはそんないっこちゃんに素敵な言葉とプレゼントを贈ります。

いっこちゃんは5歳なのですが、千朝とおんなじことをやっていて、すごく「あるあるwww」って感じでした。
料理してる姿が超可愛いの~
いっこちゃんの作るお料理は子供向けで、一緒に作ってみたくなる料理でした。


誕生日について考えるという意味では槙に、全体としては千朝に向いた本でした。

ちなみに、文字数的にも多くありません。
『こどものとも』年中版くらいのボリュームだと思います。
料理のシーンは手順ごとにちゃんと絵がついてます。
そういうこともあって、料理が好きな子だと惹きつけられちゃうかも。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

子供の学力は親次第

私はよく、槙に「子供の学力は親次第」と言っています。

…良くないのかもしれないけど。

私が子供のころ、極々小さいうちは別として、親は私の教育には積極的ではありませんでした。
私の両親は共働き。
父は5時には帰宅してましたが、母の帰宅は物心ついたときには日付が変わってました。
母の顔を見るのは基本的に朝だけ。
ちなみに土日はカルチャースクールです。
英語、スペイン語、フランス語、手話…無線講師もやってたかな?
育児担当は母方の祖母でした(父は婿養子)

そんな前提で。

こういう場合、今の時代なら父が教育担当をするんでしょう。
ところが我が家では父は勉強は見てくれませんでした。
遊び相手ならよくしてくれたんですけどね?
見てもらったこともありますが…
難しくて聞いたら「こんな問題もできないのか!!!」と怒られて泣いた経験があり、以後聞くことは無くなったと思います。
とにかく、トラウマになるような怒られ方をして算数が大嫌いになりましたし、親に聞かないようになりました。
祖母も「おれはわかんねぇよ」と。
私に与えられたのはチャレンジだけ。
でも、見てくれる人はいません。
一人きりでこなせばならず、躓いてもそのまま。
こうなれば、気づいたときには落ちこぼれるわけです。
私の算数テスト万年30点伝説の始まりです。

ま。弟よりだいぶマシなんですけどね。
出来なかったのは算数と理科だけだし。

でも、今でも思います。

小学生のころ、沢山勉強してればな。と。
分からないところを教えてくれる大人がいればな、と。

そんなわけで、私が小学生時代どんなにできなかったか、教えてくれる人がいないとどうなるかなどをよく話してます。
槙が勉強をすることについて不満を持つときとかに、将来の事とかと合わせてよく話をするかな?

で、先日、ちょっとしたことからまたそんな話になりました。

槙:「お母さんって子供のころバカだったんでしょ?」
私:「そうだよ。だって聞く人がいなかったんだもん」
槙:「そっか。千葉ばあばやじいじが悪かったんだね」
私:「そう。誰かが教えてくれてればお母さんだってもっと頭が良くなってたかもしれない。そうしたら違う人生を歩んでたかもしれない。千葉にいにもすごく苦労したんだよ。まぁ、千葉ばあばやじいじは子育てに失敗したんだよね。だから千葉にいにの態度も酷いし…」
槙:「俺は頭いいから母さんは子育てに成功してるね」
私:「分からないよ?結果が分かるのは大人になってからだし」
槙:「成功するよ。だって俺、いい子だし」

書いてみると、なんて自信家なんだよお前、って思うんだけどw
言われた時は自分を肯定されてるようで、ちょっと嬉しかったです。

槙にもよく言ってることだけど、私は将来槙がどんな人生を歩もうと好きに生きればいいと思ってます。
私と同じように、どうせ成人したら顔を合わす機会もほとんどなくなるでしょう。
どこかで生きてればそれで良しです。
でも、会わなくなることが前提だから、自分の人生を自分で良くしていけるだけの土台は築いてあげたいと思ってます。
教育は3千万の財産を残すことに等しい、と何かの本で見たけど、本当にそうだと思います。
なりたい職業があった時に学力で諦めなければならなかったりしたら可哀想だし、学があるということは=広い視野を持っているということでもあると思います。
頭のいい人にすぐ怒る人はいませんが、それは人生を豊かに生きることを知っているからでしょう。
社会の在り方を考えれば、自分の身の振り方にも慎重になります。
だから、所謂「いい職業」に就くのでなくても、豊かに生きるために学力をつけてほしいと思ってます。

あと、ここまで書いて何ですが、勉強のできる子を育てられたか否かで子育てが成功したか否かの評価をしてるわけじゃありません。
そこら辺を気にした人がいたらごめんなさい。
これは私の家庭背景も考えて、私が親に下した評価というだけです。
私は一応、普通の人生を歩んでいますが、弟は警察沙汰や女性関係で色々問題を起こしてました。
私自身も、勉強以外でも頭が悪かったことで後悔していることが多々あり、色々思うことあっての会話内容です。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

七田めいろ 4・5歳

土日で久しぶりに七田の『4・5歳のめいろ』をやらせてみました。

めいろ (七田式・知力ドリル)



これは古いタイプで、今は表紙が違うんですが。。。

めいろ (七田式・知力ドリル4・5歳)




アマゾンだと古い方は売ってないですが、書店では見ます。
内容はあまり変わらないんじゃないかな?
チェックしたことないから分からないけど。
『わくわくめいろ』もあり、普通の迷路はそっちだと思います。

しばらくやってなかったんですが、ふと目に留まって出来そうだったので、残りをやらせてみました。

表紙に『知力ドリル』と書いてあるけど、単純な運筆ではありません。
こぐまでいうところの『みぎて・ひだりて』や『条件迷路』が組み合わさってます。

前半の記録を見てみたら、優しい迷路も入っていたものの、結構最初の方から指定の色のものを通るとかはありました。
大小、多少を選んで通るものもあります。
後半は右手を挙げた人だけを通る、果物に一番早く辿りつける動物、指定の文字だけを通り最後にゴールのマスに何個あったか書く、など。

阿弥陀くじの迷路もありました。
線を一本足して、動物が果物を取れるようする問題。
何種類かありました。
足す線は点線で選べます。
正しい方をなぞるだけですが、阿弥陀ができる必要があります。

阿弥陀は、正直千朝には厳しかったと思います。
でも、「こっちの道を通ってみようか。まっすぐ進んで、線があったら必ず曲がる」と、鉛筆の動きに合わせて声掛けをしながらやったんで、本人も難しく思わなかったみたい。

一部難しいものの、大抵は親のフォローがあれば何とかなるようなものでした。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

無料プリント・ぷりんときっず

算数のかさの問題を探していたところ、また無料で良さそうなサイトを発見!

ぷりんときっず

残念なのは小学校3年生までのプリントしかないこと。
ですが、質はいいです。
量はちょっと少ないですが。
幼児~3年生までのプリントで、カラーが多いです。
イラストも可愛いから、子供が食いつくかも。

かさの問題はなかなかいいのが無かったのですが、L,dl、ml単位換算と揃ってました。
他にも時計の問題などがあります。
槙は文章問題になると正答率が落ちるものの、時計は普通程度にはできます。
でも、クラス担任曰く、現在の時計の問題はちょっと難しいみたい。
多くの子が躓いてるんだとか。
来年から?教科書の時計の問題が改定されるそうです。
詳しくは覚えてないけど、二つに分けるといってました。

とりあえず、かさの問題を槙にやらせたのですが、シンプルな問題なので「簡単♪簡単♪」と言ってサクサク解いてました。
時計問題はちびむすドリルの文章題をやらせたんですが、なかなか進みませんでしたw
算数自体はそんなに苦手じゃないんだけど、槙は国語力が残念です。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪
プロフィール

伊都

Author:伊都
槙(兄)と千朝(妹)、2児の母
なるべくお金をかけずに早期教育実施中。

現在、育児にかなり時間を割いていて更新&コメレスは遅れがちです。
お返事や訪問は遅くなるかと思いますが、よろしくお願いします。

当ブログはリンクフリーですが、相互リンクに関しては関係のあるジャンルのみ受け付けます。
コメントは過去記事へのコメントも含め、大歓迎!
ただし、管理人が不適切と判断したコメント、TBなどは予告なく削除させていただく場合がありますのでご了承下さい。

いくつになったの
カレンダー
過去記事はこちらからどうぞ
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Lc.ツリーカテゴリー
FC2カウンター
ブログカウンター
ブログ内検索
Amazon
楽天
最近の記事
FC2ブログランキング
ランキングに参加してます♪

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
おきてがみ
リンク
ワールドファミリー
お小遣いサイト
ポイント貯めてお小遣いGET♪
懸賞&ポイントサイト

フルーツメール


稼ぎ方色々♪
正にお小遣い稼ぎの決定版!!


ポイント還元率高い!
実質無料でお買い物できることも! 無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

電撃キャッシュバックもある?!!


ポイント獲得方法色々☆ お得なポイント貯まる!ECナビ

ライターサイト
記事を書いて報酬GET♪
アフィリエイト ブログ





ブログ広告ならブログ広告.com

アフィリエイトならリンクシェア

アフィリエイト


 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。