アクアライン

IMG_8076.jpg

これまた3連休の話。

海ほたるに行ってきました。

行こうと思えば帰省ついでにいつでも行けるんだけど、通ったのは初。

でも、今回はどんなものか行ってみることにしました。

地図を見て槙は海の道にびっくり。
目の前の海と地図とを何度も見比べてました。
でも実際、海の中を見ながらトンネルを抜けるわけじゃないから、いまいちイメージはわかないですよね。

出発前や、車の中で何度も「川崎と木更津を繋ぐ道」「東京を通らない」と言ったんだけど、帰宅後しばらくして地図問題で出したら悩んでました。


そう、帰宅後は復習問題です。

白地図を使って私が必要な地名をあらかじめ書き、目的地や出発地、途中に通った土地等に色塗りをさせました。

用意する方は手間だけど、せっかくの帰省(旅行)も無駄にしません!


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

英語の歌

12月に入ってから、ずっとWe whish you a Merry Christmasを歌ってました。

槙が学校で習ってきたものの、全然歌えないんで歌ってやりました。

すると千朝が覚える。
せっかくだからユーチューブで英語ソングを…
ついでだし絵本を作ってみよっかな♪

な感じで英語の勉強が始まりました。

歌詞本
rain rain go againの絵本

日本語の歌で入院中に何冊か作ったんですが、同じような感じで。

毎日少しづつでも英語に触れさせるようにしました。
槙は始めるのが超遅いけど。

勉強とはいっても、歌うことと話すこと以外はしてません。

アルファベットも覚える時に覚えればいいんじゃね?状態。


前にも書いたけれど、うちにはディズニーの英語システムがあります。
ほぼ使ってないけど。
臨界期の話をされて、発音をきにしなきゃって思ったんですよね。

結局ほとんど使っていませんが。


失敗を経て、私が到達した答えは、


しゃべれなくても何とかなる!!


別に英語なんていらないじゃないですか。
受験では問題になるけど。
ジェスチャーで頑張れば全世界どこでも通じるし。

自分の渡航経験を振り返っても、何より大事なのは「話す意思」

必要に迫られればしゃべるし、そうでない人は覚える必要のない人。
そして、必要に迫られた時は発音は気にしない。
単語が分かることが全て。


と、そこまで達観できたところで、気楽にやることにしました。


必要ない人には英語は必要ないとは思うけど。
やらないよりはやっていた方がいいし、他の教科と同じく、勉強の敷居を低くしてやるという意味で「楽しい英語」というのを植え付けてやれたらと思って再開することにしました。

細く長く、あくまでも遊びで続けられたらいいなぁ。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

クリスマスケーキ

イブの午後は槙とケーキ作り。

3連休は法事で実家に帰省したために簡単に…

と思って『すてきな奥さん』の付録で載っていたケーキにしました。

すてきな奥さん 2014年 01月号 [雑誌]




前回くらいの輸血治療の暇な時間のためにいー君が買ってきてくれたんですが、市販品を使うケーキを見て「これだ!!」と。

しかし、これが大失敗。

槙メインでやらせると、トッポは不揃い、切り口ガタガタ、ケーキは上手くスライスできない、そうするとデコレーションもボロボロ。

特にケーキを切るのが難関。

小さいケーキを横半分にスライスするんで、子供には上手くできない。
チョコクリームで誤魔化そうにも崩れる。
結局、そこら辺は私が担当することに。

結果。

クリスマスケーキ

で、割とまともにできたのが手前。
最初の方の失敗が奥。
よく見えないけど、形も超いびつです。

それでも自分で作ったって喜んでくれたからいいのかな。

でももう絶対市販品では作らない!

多少失敗してもスポンジを最初から焼くところからやった方がましだろうということが分かった体験でした。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

めいろ 2・3歳



最近、千朝がめいろが上手にできるようになったので、槙の時に買ってほとんど使わなかったこれを引っ張り出してやらせています。

千朝も迷路が好きみたい?

ようやく線と線の間を行くこと、障害物がある時はそこを突っ切れないことなどを学んだ様子。

2・3歳向けのこの迷路は、最初の方は上から下まで線を引くような簡単なもの。
めいろというより線の練習みたいな感じのから始まって、簡単な迷路になっていきます。
途中途中で「赤いものだけを通って行きましょう」とか「動物だけを通って行きましょう」のような問題も出てきます。

毎日やるわけじゃなくて、チューターや切り紙、カードゲームや文字遊びみたいなのと日によってやるのが違うんだけど、迷路をやる時は1度で何枚もこなしてしまうんで、時々でいいかなー、なんて。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

食物連鎖ゲーム

科学シリーズ 食物連鎖(生態系)学習カードゲーム




冬休みに遊べるかと思って買ったのがカードゲーム。

他にもいくつか買ったんですが、とりあえず最近これで遊んでます。

動植物カードと攻撃カードを裏にして積みあげて、交互にそこから取って行って連鎖を作ります。
IMG_8043.jpg

手札は3枚。
連鎖を作るか、カードを捨てるかしてゲームを進めていきます。
最終的に作った連鎖のポイントが高ければ勝ち。

例えば、上野写真ではマスが3ポイント、フナが1ポイント、トップの熊は下がマスなら獲得点2倍のため12ポイント、更に環境アップカード(フナの隣)があるんで+2点の計14点になります。

もし上が他の動物だったり、環境アップカードがなかったら特典は低くなるんで、そこら辺を考えてやらなければなりません。

ついでに、連鎖が成立しなかったり、上にトップ、下にボトムのカードが来てなかったりすると連鎖不成立。

槙は攻撃系のカードもバンバン使ってくるんで結構厳しいです。

連鎖はマークをみて判断できるんですが、結構夢中になってできるので楽しめると思います。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

子どもが本好きになる七つの法則

1人読書の参考にならないかと最近買った本がこれ。

子どもが本好きになる七つの法則―10才になるまでに、親がしなければならないこと




子供に本を好きにさせるために整えるべき環境や、なぜ読書が大切なのかについて載っていて、大変参考になりました。

公文でも「歌200、読み聞かせ10000賢い子」という標語があるけど、読書は大切。
しかし、ただ読むだけじゃイカン!というのがこの本の内容でした。
ただし、7つの法則の中のほとんどは環境を整えることでしたが。

討論能力を付けることについて、この本で紹介されていたのがアメリカのブッククラブや、スペイン生まれのアニマシオン。
主にアニマシオンですかね。

私もアニマシオンみたいなことは時々やってはいたんですが、気が向いたら、ということが多くて、とりあえず本を読むだけに留まってたことが多いような気がします。
なんで、どういう問いをすればいいかがとても参考になりました。

後半は主に絵本紹介。
幼児、小学校低学年、中学年、高学年向けの絵本をそれぞれ数冊づつ紹介していて、その本を読んだ際にどういう質問をすればいいかの例を挙げています。

読んだことがない本も多かったのですが、私自身が読みたいと思うような本が結構ありました。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

十干十二支

久しぶりに手作りおもちゃを作りました。

十干十二支です。

十干十二支2

解説として?ポスターも
十干十二支

槙は十二支はもう分かってるんで、一歩進んで十干。
もうすぐ年も変わることですしね!

槙・いー君・ばあばが同じ干支なので、それを使って解説してみました。
でも、槙にはまだ難しいのかも。
どちらかというと五行の方に興味がある様子。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

こうえんのシロシリーズ

槙に簡単な児童書を…と思って見つけたのが『こうえんのシロ』シリーズ

こうえんのシロ クリスマス (ママとパパとわたしの本)




全ページにイラストがあるんで、絵本とも言えるかもしれませんが、図書館では児童書のコーナーにあったし、個人的には児童書だと思ってます。

こちらは『おちばのあき』より↓
IMG_7911.jpg

カラーのページは少しだけ。

基本は白黒。
こうえんのシロ

多くても見開きこの程度の量がせいぜいだと思います。
凝縮すると教科書で扱う物語と同程度の文章量なのではないでしょうか。
字が大きく見やすい&ボリュームが少ないので、絵本→児童書の移行期にぴったりだと思います。

ちなみに、シロのシリーズは千朝も気に入って読み聞かせをよくねだられます。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

10分読書

最近、10分間読書を始めました。

眠っていた本が再び日の目を見ましたw

10分で読めるお話 一年生




短めのお話が色々載っているので、音読させる目的で買ったんですが、音読せず、仕舞い込んでました。

1人読書では短めのお話なんで役立ちました。
『あまんじゃく』とか『ほらふきだんしゃくのぼうけん』とかは面白かったみたい。


現在は『10分で読めるお話一年生』を終えて、図書館で見繕ってきた児童書の黙読をさせてるんですが、時々声に出てます。
というか、声に出さなきゃ頭に入り辛いのかも。
内容分かってるのかなぁとちょっと不安。
でも、感想を求めたところで上手く説明できないんですよね。
ここら辺、国語力ないなぁと思うんだけど。
ただ、1年生になってから、家や本屋で1人で絵本を読んでいる姿は見かけるんで、読めているだろうという前提で本を与えていこうかと思っています。
とりあえず簡単なものから始めて、本人が進んで読書するようになるのが目標。
その頃には本好きになっている…はず?


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

足し算の歌

最近、ワールドワイドキッズのクリスマスソングを流してます。

以前に貰ったクリスマスソング3曲だけなんで、勉強のカテゴリを作って適当に他のと一緒に流しているんですが、クリスマスソング以上に千朝が気に入ったのが、ユーチューブからDLした足し算の歌。



大抵は食事中に曲を流しているんですが、足し算が流れると指を使って一生懸命足し算をします。

映像は見せたことがなく、音楽だけかけるんで、分かりやすいように私が指を使ってやったらウケたみたい。

足し算の曲の時は食事をやめて必ずやります。

私もやらされます。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

性の話

昔話に力を入れたい私ですが、神話も探しています。
日本神話はなんとか。
だけど、北欧神話や聖書等の宗教関連がなかなか見つかりません。
時々宗教の話になるけど説明が辛い。
大体、概要は知っていても聖書自体は読んだことないし。

今回は『ノアのはこぶね』を見つけられました。

ノアのはこぶね




こういう本を待ってた!
子供向けで宗教関係なく読める絵本!
文字数が少ないために1、2歳の子への読み聞かせも可能だと思います。
ポイントを押さえていて、文章も破たんしてないし。
たまにありますよね。
端折り過ぎて文章変な本。

ちなみに英訳付きです。

槙は私が読み聞かせた翌日、もう一度自分で読んでいました。
どうも一度滅んだという部分が引っかかる様子。

本を読んだ後での会話は性に関するもになりました。

槙:「他の動物は死んじゃったの?」
伊:「死んだね」
槙:「じゃあ地球に動物がいなくなっちゃうじゃん」
伊:「だから番で残したんでしょ?」
槙:「番って?」
伊:「夫婦。番で残れば繁殖できるでしょ?」
槙:「繁殖って?」
伊:「子孫を残せるでしょ?」
槙:「どうやって?」
伊:「槙はどうやって生まれたの?」
槙:「お母さんのおなかから?」
伊:「そうだね。オスとメスのペアがあれば子供ができるでしょ?」
槙:「どうやって?」
伊:「男の子は遺伝子情報をもってるでしょ?女の子は卵をもってるでしょ?それを合わせるとできるじゃん。」
槙:「どうやって?」
伊:「槙と千朝の違いって何?」
槙:「俺はおちんちんがあって、ちーちゃんはない。」
伊:「そうだね。後は自分で考えよう。そのうち学校で習うよ。」

ちなみに、槙は男の子が遺伝子情報を持っていて、女の子が卵を持っていることは知っています。
遺伝子情報が違うと(例えば猫と犬だと)子供は生まれないというような話を前にしたこともあります。
性の話は生物学的に話すこともしばしば。

以前に話したこともあったけど、子供を作れるのは1人と、夫婦になってからだよと念押ししておきました。

性に関する知識を教えると早くから…と考える人もいるかもですが、私は逆です。
早いうちに正しい知識を与え、妊娠の重さ、命の重さを解いた方がいいんじゃないかと。
結局、妊娠や病気のリスクと妊娠後に発生する様々な問題、あるいは子供の命を奪うことの重大さというものが分かってないから簡単にできるんであって、理解させていれば未然に防げるのではないかと思うんですよね。

前弟嫁を見ているので余計そう思います。
子供を産むには子供ではダメなのよ。


でもやっぱり性の話は難しいー

というわけで、今回は絵本紹介というより性教育のお話でした。
 

…どうしてそうなったorz


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

なぜなにカレンダー

くもんのなぜなにカレンダーを買いました。

大判なぜなぜカレンダー 2014




IMG_7908.jpg

いつもは貰いものなんだけど、学習カレンダーが欲しくて。
↓こんな感じの雑学カレンダーです。

IMG_7910.jpg
ちなみに、答えは裏にあります。

見やすいようにと大判を買ったんですが…多少小さくても500円の方を買ってトイレ用にした方が良かったのかな?とも考えたり。
1日1つなんで、大人なら見るかもだけど、子供だと字が細かくて見ないんじゃないかな、との心配もあります。
活字好きな子は見るだろうけどね。
リビングにかけることにしたんで、見るようなら来年からも買ってみようかな。



にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

強育パズル 道を作る

宮本算数教室のパズルをやっていて、槙が苦手だったものの1つが「道を作る」。

迷路は得意で、公文の複雑な迷路とかも幼稚園の時に好んでやっていたんだけど、どうしてこれになるとできないのか?

しかも、避けたがる傾向があるので、数をこなせるように単体で扱っているドリルを買いました。

強育パズル 道を作る




「道を作る」だけで初級~上級…の上の天才まであります。

IMG_7822_2013112420145047a.jpg

正直、中級くらいでも難しいと思います。

初級でも難しいものは難しいかな?
ちょっと考えてしまうのもありました。


ちなみに、ドリルには分からなくても教えないでください、自分でやるまで待って下さい、みたいなことがあるんだけど、私は毎日のドリルとして出してるし、ギブアップすればまずはヒントをあげて、それでも分からなければ答えを見せるか、解き方を教えています。

我が家の場合は基本、コピーを与えているので、分からなければ何度も同じものをやらせるだけです。

日にちをおけば解き方を忘れていたりするし、その問題が出されたこと自体忘れていたりして(なにせ解けないくらい難しいものだから)、頑張って解けたら、それが以前答えを見たと気付いてないがために自力で解けたと思いこんで喜んだりします。
だから、いいかなと思って。

現在、初級をこなしていることこですが、わからなくても簡単にギブアップしないようになってきました。

前は割とすぐ根を上げたんだけど。

根気がついたのかしら?


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

見える学力・見えない学力

少し前に、早期教育関連のお勧め本を紹介していて思い出したのが『見える学力・見えない学力』


見える学力、見えない学力 (国民文庫―現代の教養)





ちょっと古い本ですが、古本だと安く買えるので買いました。

陰山先生はメディアでの露出度が高いんで、今や子育て世代の人は知らない人の方が少ないんじゃないかと思うくらいなんですが、岸本先生というと知らない人も多いのではないでしょうか。

槙が在園中に岸本先生の育児論みたいなプリントを配られたことがあったんですが、それを配ってた先生が「なんか教育界じゃ有名な人みたいですけど」って言ってましたが、岸本先生は陰山先生の出発点でもあるんです。
陰山先生の本を読んだことがある方なら知っているかもしれませんが、陰山先生は先輩の先生に岸本先生の本を渡され、読んでみてから教育改革に至ったみたいな経緯を持ってます。

で、話は元に戻るんだけど、本を紹介していて、この本の存在を思い出しました。

結構前に読んで、仕舞い込んでいたんですが、探して読みなおしてみたら、やっぱりいい本だったので紹介しておきます。


この本の内容をざっくり説明すると、タイトルの通り、見える学力・見えない学力というものがあり、前者は学校の勉強に現れるもの、後者はそれを支えるもの。
岸本先生は氷山で例えています。
氷山は大部分は海底に沈んでいて、見えているのはほんの一部。
子供の学力も基礎があってこそのものだと。
そして、見える学力を伸ばすためには、土台である見えない学力を伸ばす必要がある。
そのためには、どんな努力が必要か。

言語体験の大切さや、そもそも基礎学力というのはなぜ大切なのか、TV漬けで育った場合の被害等、データや実例を元に分かりやすく解説しています。
また、子供たちに朝から晩まで親がどんな言葉を使うのかを3日間調査させるというのをやっていますが、その結果が面白かったです。否定語が多くてw

早期教育ってちょっと…とか、小学校中学年くらいで成績の悪さが気になってきたって方には特にお勧めです。
カテゴリの都合上、一応早期教育に入れておきますが、早期教育の本じゃないかも。
語彙の大切さや親子間のコミュニケーションの重要性、外遊びの大切さを説いている点で早期教育に通じるものがあるんですが、どちらかというと就学後の上方修正に趣が置かれているかなという感がありました。

早期教育関連の本だと、割と個人の遊びや幼児の行動心理みたいなものに趣が置かれているものが多いのですが、教員視点だからか、複数遊びの大切さも説いてました。

でも、個人的には複数遊びこそ学校に求めることです。
安心して遊べる敷地で、リーダー(先生)がいて、色んな学年の子と交流の機会があって。
特に公立なら親の財力とか関係なく、色々な立場・考えを持った子と関わりあえる。
三石先生は「よく教育されていない子は害」と仰っていたけど、親にとって不都合な子との関わりさえ、子供の財産になると思うんです。
将来のリスク回避能力というかな?
三石先生は悪い方に染まりやすいから、と理由を挙げていらっしゃいましたが、だからこそ、低学年までは放課後は友達<家族との時間で倫理観とか、将来に響く人格作りの基礎に力を入れればいいと思います。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

100ます計算

土日で100ます計算をやらせてみました。

自分で作るのは面倒なので、こちらのサイトから↓
http://happylilac.net/100masu.html

ドリルも売ってるけど、これをB5の紙にプリントアウトして半分にして使えば十分かと。
特に1年生だと日に1枚がせいぜいだろうし。
親が作ってもいいですよね。
10ます計算の時は私は自分で作ってました。


100ます計算のタイムは12分。
予想より遅かったです。
一応、1年生は最後までできればOKらしいのですが、もう少しタイムを縮められるようになるまでやらせようかと思います。

学校でも計算問題はやっていると思うんだけど、嫌がりました。
計算カードは張り切ってやるのに。
やっぱり100ますというのがネックなのかしら?



にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪
プロフィール

伊都

Author:伊都
槙(兄)と千朝(妹)、2児の母
なるべくお金をかけずに早期教育実施中。

現在、育児にかなり時間を割いていて更新&コメレスは遅れがちです。
お返事や訪問は遅くなるかと思いますが、よろしくお願いします。

当ブログはリンクフリーですが、相互リンクに関しては関係のあるジャンルのみ受け付けます。
コメントは過去記事へのコメントも含め、大歓迎!
ただし、管理人が不適切と判断したコメント、TBなどは予告なく削除させていただく場合がありますのでご了承下さい。

いくつになったの
カレンダー
過去記事はこちらからどうぞ
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Lc.ツリーカテゴリー
FC2カウンター
ブログカウンター
ブログ内検索
Amazon
楽天
最近の記事
FC2ブログランキング
ランキングに参加してます♪

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
おきてがみ
リンク
ワールドファミリー
お小遣いサイト
ポイント貯めてお小遣いGET♪
懸賞&ポイントサイト

フルーツメール


稼ぎ方色々♪
正にお小遣い稼ぎの決定版!!


ポイント還元率高い!
実質無料でお買い物できることも! 無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

電撃キャッシュバックもある?!!


ポイント獲得方法色々☆ お得なポイント貯まる!ECナビ

ライターサイト
記事を書いて報酬GET♪
アフィリエイト ブログ





ブログ広告ならブログ広告.com

アフィリエイトならリンクシェア

アフィリエイト


 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム