読み聞かせ用の絵本

IMG_1205.jpg


寝る前の読み聞かせ用の本が欲しかったので購入しました

昔、同じような感じで色んな日本の昔話が収録された本を祖母が買ってくれて、寝る前に読んでくれました。
それが実家にあれば良かったんだけど…なさそうなので。
あっても私が読み倒したせいでボロボロなんですけどね
購入以前は、祖母が空でお話をしてくれたり、童謡を歌ってくれたり。

しかーし!

私は昔話ができません
知ってても途中の記憶が曖昧だったりで、本がないとなかなか・・・
少し前も十二支のお話をしてみたんですが、だいぶあやふやでした。
覚えてたのは神様が宴の召集かけたこと、猫がネズミにだまされたこと、ネズミが牛に乗って一番乗りしたことと十二支の順番。
結局行けなくて猫はどうなったんだっけ?
フルーツバスケットの最終回辺りの話と被って更に曖昧に


創作童話もいいけど、こういうのって一般常識の範囲だし、知っておいてほしい!
いずれは習うのかも知れないけど、笠地蔵とか鶴の恩返しとか、グリム童話とか、一般常識として知っておいてほしいものって結構沢山。
聞き流しでも何でも聞かせておく必要がある気がする…

そして、どうせなら絵がなくて頭の中だけで想像するのに、自分では読めないような本がいいかなと。
こどものともとかの創作童話なら持ってるし、自分でも読んでるから…


ちなみに、この本は1話ずつ月日が書いてあって、最初から読むこともできるけど、今日は6月25日のお話で『歌う骨』を読みました。

案の定、千朝は好きに動き回るし、槙も一応隣に留まりつつ、千朝が気になるようでうずうず。
絵本じゃないのもあると思うけど…
まぁ、槙に関してはむしろこっちの方が好都合。
普通の絵本を寝室に持っていくとキリがないし。

習慣にしてればいずれ聞く日も来るでしょう。

今日は何故か同じ話を2回読まされたけど(全然聞いてないのに!)、何か少しでも印象に残る部分があればいいなぁ。


子どもが眠るまえに読んであげたい 365のみじかいお話

新品価格
¥2,415から
(2011/6/25 23:23時点)





にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

漢字学習

少し前ですが、図書館に行ったとき、目的の本を探すときにふと目について『頭がいい親の3歳からの子育て』というのを借りました。

頭がいい親の3歳からの子育て―楽しい漢字遊びで幼児脳がみるみる伸びる

中古価格
¥93から
(2011/6/14 20:57時点)



まぁ、槙は4歳なんだけど

早期教育では漢字学習も聞くけど、個人的にはそんなに重要に思ってませんでした。
なんで、本当にこれも何の気なしに借りた本。

でも、ちょっと感化されてこんなの作っちゃいました
IMG_1137_20110614205948.jpg

使用したのは100均の無地のポストカード。
50枚1セット100円。
半分に切って使ってます

トランプでの神経衰弱は難しいんだけど、これは説明も楽で、槙は気に入ってます。
その週によって重点を置くものが色々なんで、実際はそんなに遊んでないけど、これ+の中の色んなものに漢字カードを貼ったため、多少は読めるようになりました

月とか桃とか時計とか、自分の好きなものと自分の名前くらいで多くはないんだけど


そして、この間、やっぱり平仮名より先に漢字教えるべきだったかな?と思ったのが、同じバス停の先輩ママの話。

彼女は私の憧れの人で
仕事やりつつも子供の勉強もしっかり見てあげてて教育熱心な人
同じように上が男、下が女の子で、お兄ちゃんの方が既に小学生、妹は槙の1つ上。
で、このお兄ちゃんの幼稚園の頃の話がすごく槙と被るために、入園当初から話が本当に参考になってます


今回は公文の先生の話でした。

何でも、公文では読み方というものを教えてくれるんだとか。

小学校では音読の宿題が出るんだけど、平仮名を最初に覚えた子ってのは一字一字を追ってくから格段にスピードが遅くなるんだそう。
そこで、公文ではまとまりで読むってことを教えてくれるんだそうです。
家庭でできることは読み聞かせ。
読み聞かせが大切なのは、自分で読ませると一字一字を追っていくので意味まで頭に入らないため、読み聞かせによって文の読み方を知ることが有効だとのこと。


この話を聞いた時に、先の本の内容を思い出しました。
石井先生の本でも、先に平仮名を覚えた子は頭の中で発音に置き換えるため、スピードが遅くなるとあったんです。
ちなみに、同書では

幼児が覚えやすいのは
漢字→カタカナ→ひらがなの順


とも。

脳に障害があるような人でも、ひらがなは無理でも漢字なら覚えられるそうです。
ひらがなは漢字仮名交じりの文で自然に覚えられるから、平仮名を読み書きするよりも先にとにかく漢字を読めるようにした方がいいとのことでした。

確かに槙も一字一字追って行って読み方がロボット

知ってる本なら推測して読んだりするからスムーズだけど…

というわけで、少し漢字学習を取り入れてみることにしました。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

テーマ : 早期教育・幼児教育
ジャンル : 育児

ドッツ

七田のドッツを買ってみました♪

IMG_1102_20110527211150.jpg


ドッツは早期教育の定番ですが、千朝が生まれてから知りました。

ドッツを知らない方の為に、ドッツとはどういうものか簡単に説明しておきます。

ドッツはドット(●)が書いてあるカード。
カードの裏面に数字、表面に数字と同じだけの●があります。
IMG_1107.jpg

このカードを10枚ひとセットとしてフラッシュ(素早くめくる)。
乳幼児はドッツを信号として捕えるため、計算力の素地になる、というもの。

ドーマンが有名ですが、オークションで安かったので七田。
七田も良さそうだったので。

ちなみに、同じドッツでもドーマンと七田は結構違うと思います。
ドッツの並びとかプログラムの長さとか色々。
七田の方が早く終われるし、カードの種類もあって面倒じゃない。
オリジナルでドッツをやると多分七田式になると思います。(ドッツは手作りできます)


ドーマンは良く知らないんだけど、違うか所を挙げてみます


ドーマンドッツ

・枚数は101枚
・5枚1組セット×2を1日3セット
・ドッツの並びがランダム

やり方がとにかく面倒くさそうな感じ。
最初は普通に1~10までのカードをフラッシュ。
でも、2日目からはランダムでやったり、3日目からは前日のカードの数が一番少ないものから2枚引退させ、2枚新しいカードを追加とか、フラッシュ自体が面倒くさそうな感じになってます。
そのうち忘れそう。


七田ドッツ

・枚数は50枚(絵・そろばんカード除く)
・1日1回10枚づつ
・ドッツの並びが整列
・カードの種類が豊富(絵のドッツがある)

とにかく普通にフラッシュすればいいみたい。
例えば1日目は1~10のカード、2日目は11~20のカード。
並びを入れ替えたりも必要ないので、特に考えずにできます。
絵カードもあるから飽きた時にもそれで対応できそうだし。
IMG_1108.jpg


ただし、数式もあるので後半は面倒。
ドーマン七田ともにそうなんだけど。
IMG_1111.jpg

購入以前は、この数式をどう使うか謎だったんですが、これも普通に読みます。
1~50が終わったら、モデルプログラムでは足し算へ移行。
これまで「1」と言って1のドットが描かれたカードを見せていたのを「0+1=1」と1秒で読み上げます。
15日目は足し算、20日目は掛け算…という感じ。

足し算引き算ならともかく、最後2つは無理そう。
この長い式を1秒でって…
別にやらなくてもいいような気もするけど


ちなみに、ドッツの効果が期待できるのは6歳まで…だそう。
でも、色々見てると3歳以降は微妙そう。
正直、槙もイマイチです。
なんで、今は槙への出番はないです。
そのうち、補助的に使う…かも。

千朝に使えるかも・・・と思って、説明のあるセットを購入したんですが・・・マジでただのフラッシュだけだったんで自作で十分だったかもです
絵のドッツとかは自分で作らないだろうからいいけどさ。


七田とかドーマンとか、中古とはいえ初めて触れたんですが、恥ずかしげもなく「愛情が大切です」みたいなこと書かれてました。
最近の早期教育は情操教育に主眼が置かれてますが、ドーマンも七田もモッテソリーも、根幹にあるのは「」だそうです。
七田とか家庭保育園とかが商品化してしまって、「早期教育」という形で歪んでしまってるところもあるようですが、基本的には子どもの人格を尊重して、彼らに寄り添い、丁寧に付き合うってのが根っこの部分みたい。

考えてみれば、母親が丁寧に子供と付き合ってるような家庭の子って賢いイメージあります。
そういう母親って、意識しなくても早期教育的なことが自然にできてるんですよね。
だから、知的好奇心があって、情緒も安定してる。
学校の勉強はどうあれ、人間的魅力がある子に育つ…ような気がする。
少なくとも私の知る範囲では。

ドッツも効果があるかどうかは実際は疑問らしいです。
というのも、ドッツをやるような母親というのは一般に早期教育に関心があり、その他の色々なことを通して数の概念を築いてやる試みをしている為、ドッツ効果か他の効果かがよくわからないんだとか。

しかし、文字の読み聞かせという点で有効なのかなと。

説明にも文字の読み聞かせと書いてあったけど、絵本と同じだと考えれば、数という抽象概念のとっかかりにはなりそう
絵本だって、疑似体験ができるだけですよね。
例えば「話す」という動作を分からないとしましょう。
絵本で繰替えし違うパターンの「話す」を見て、日常に当てはめて「話す」の意味が理解できると思います。
勿論、「何をお話ししてるのかな?」「そう、~なの。○○ちゃんはママにお話ししてくれてるの。」みたいな感じで語りかけてれば「話す」という言葉を自然に理解しやすいでしょうが、絵本があればイメージと結びつけて理解の強化に繋がりますよね。

ドッツも同じなんじゃないかと。


余談ですが、1~100までの数唱ができる子どもが、数えられたからさぁ足し算!とはならないそうです。
というのも、数式の一般化(1+1=2とか)と数字が結びつかないそうで。
どんなに色んな方法試しても、数式が分かってなきゃ計算はできないみたいです。

もっと早くそれを知ってれば、こんなに苦労もしなかったんだろうけど…
でも、やっぱりプリントとかで計算やらせるのは抵抗あるんですよね。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

はらぺこあおむし

今週は図書館に行かないんだけど、先週末もまた図書館に行ってきました。
あいにくのだったんですが、返却期限が…
1人8冊×3人分なので、延滞も良くないかなぁと。

いー君1人で2人を見るのは大変だから、可哀想だけど千朝を連れて。

いつものように児童書を選んでいると、2歳くらいの男の子と、年長~小学校低学年くらいと思われる女の子を連れたお母さんがやってきて、男の子に絵本を読んであげてました。
そのうち、はらぺこあおむしの大型絵本を取って歌いだしたんですが、その歌が素敵だったんで、自分で作ったのか聞いてみると、ユーチューブで流れてるんだそう。

皆さん知ってました?

http://www.youtube.com/watch?v=6KpQVAkcxPI&feature=related
※貼り付けタグが出てこなかったからURLのみです

知らずに普通に読んでました。
時々、オリジナルの即興ソングで絵本を読むこともあるけど、はらぺこあおむしは思い浮かばなかった~

支援センターでやってるところもあるみたいだけど、それくらい人気なんですね、『はらぺこあおむし』
槙も千朝も気に入ってて、私もすっかり暗記してるけど、改めて人気なんだなぁって思いましたw




にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪
プロフィール

伊都

Author:伊都
槙(兄)と千朝(妹)、2児の母
なるべくお金をかけずに早期教育実施中。

現在、育児にかなり時間を割いていて更新&コメレスは遅れがちです。
お返事や訪問は遅くなるかと思いますが、よろしくお願いします。

当ブログはリンクフリーですが、相互リンクに関しては関係のあるジャンルのみ受け付けます。
コメントは過去記事へのコメントも含め、大歓迎!
ただし、管理人が不適切と判断したコメント、TBなどは予告なく削除させていただく場合がありますのでご了承下さい。

いくつになったの
カレンダー
過去記事はこちらからどうぞ
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Lc.ツリーカテゴリー
FC2カウンター
ブログカウンター
ブログ内検索
Amazon
楽天
最近の記事
FC2ブログランキング
ランキングに参加してます♪

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
おきてがみ
リンク
ワールドファミリー
お小遣いサイト
ポイント貯めてお小遣いGET♪
懸賞&ポイントサイト

フルーツメール


稼ぎ方色々♪
正にお小遣い稼ぎの決定版!!


ポイント還元率高い!
実質無料でお買い物できることも! 無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

電撃キャッシュバックもある?!!


ポイント獲得方法色々☆ お得なポイント貯まる!ECナビ

ライターサイト
記事を書いて報酬GET♪
アフィリエイト ブログ





ブログ広告ならブログ広告.com

アフィリエイトならリンクシェア

アフィリエイト


 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム