夏の選択課題

遅くなったけど、槙の夏休みの宿題のために貯金箱の工作キットを購入しました。

加賀谷木材観覧車貯金箱




たぶんコレ。
メリーゴーランド。

当初の予定では動物の絵だったんですが、工作課題を見ると、貯金箱でも良かったため、改めて槙に選ばせたところ貯金箱になりました。


毎回思うんですが、夏の選択課題って、子供には酷だと思います。
長い夏休みなんだし、何かやれってことだろうけど。
碌に指導もされないのに出されたって、苦手な子供は辛いわ。
私は工作課題を親に碌に面倒を見てもらえず、最終日に泣きながら粘土で何だかよく分からない貯金箱を作ったり、4年生の時は友達の作品を真似て作ったりしたので、本当に嫌でした。
その4年生の時のは友達に申し訳なくて、今でも苦い思い出。
まぁ、その友達の母親は私の親に託児されてたようなものなので、「そういう子」として私を見てたでしょうけどね。

そんなわけで、私は自分の子どもには型を教えるようにしました。
それは子どもの時には見えなかったことだけど。
大人になれば、周りに型が売ってることは知ってるし。
どうせ強制だもん。
オリジナリティ発揮する必要ないよね!
やりたい人だけやればいいんだよ!!

正直、自由研究はためになると思うし、やらせたかったんだけど、1,2年は絵か貯金箱。

個人的に、絵は型がないので、できれば避けて通りたいところ。
夏の長い休みに絵の指導をしても良かったんですが、これは根気がいるし、今回の治療のスケジュールと槙個人の予定を考えて不可能だと思ってました。
なので、もし動物の絵にするとしても「適当に書いてね!図鑑を見てそれっぽく!」で済まそうと思ってました。
英語課題でちょくちょくあるお絵かきではコツを教えるようにしてるんですけどね。
絵があまりに酷いので。

が、夏の課題となると別。
画材選びやどんな技術があるのか、使いたいのか、というところから始めると、結構かかる気がしました。

だから貯金箱があったのは助かったー!!
槙は工作好きだし。
工作もオリジナリティを求めると言うよりは、手を使って何かを作って達成感を得ようね!思い出を残そうね!ってのが出す側の目的な気もするんですよね。
そういう風に考えれば、工作好きな子供なら「コレ作りたい!」ってのが出てくると思うんです。
ぶっちゃけ、私は夏休みの工作でガンダムだってアリだと思うの。

夏休みの宿題を真面目に「個性あふれる力作で賞を取ることを目的に頑張りましょう」みたいな感じで捉えて悩んでいた私にとっては、市販キットでも楽しく夏の思い出を残しましょう、っていう気楽さを前面に出してくれるといいなって思うんだけど。

読書感想文も読書感想画も、おすすめ本を紹介するんじゃなくて、まず読書の楽しみを教えることが先決だし、その上である程度の技術を教えて課題に取り組むのでなければ難しいと思います。

そういうのを色々考えて、夏の選択式課題って周りに頼れる大人がいるか否かで随分違ってくると思うんですよね。
難易度が。
夏休みの宿題に限らず、授業についていけるか否かも親子関係はかなり重要になってくると思うんですが、特に夏の自由課題については教師がいない上に型が無い分、子どもの精神的苦痛度がかなり違ってくると思います。
やらないで終れるような子なら問題ないけど、真面目な子はね。


なんで、私はなくなればいいのに、と思ってます。
絵日記を毎日やらせておいて、他は完全自由、やったらその分内申UPします、でいいと思うの。

ドリルとかもあるんだし、いいじゃない。
読書をやったら記録するだけでもいいじゃない。
感想文を書かせたいなら、それに準じた面白い課題を教師が工夫して出せばいいじゃない。
絵は四つ切画用紙を使う本格的なのじゃなくて、B5の紙にお絵かきさせればいいじゃない。
工作は夏休み前にキットの宣伝しておいてよ。教室で。先生が。
自由研究は穴埋め式で簡単にできる型でも用意しておきなよ。

…やらせたいならね。
それで、本格的にやる気の子、やらせたい親はオリジナルでどうぞ!ってすればいいと思う。

そんなわけで、市販の工作ならやらせたい私は、今回は市販キットでした。
もう少し色々作れるようになったら、それまでに市販品で培った技術を駆使して自分で製作できるようになれば十分だと思います。
ホラ、小中学で習った家庭科や技術の授業って、ナチュラルに今の生活でも役立つじゃないですか。
そんな感じ。

ちなみに前回は読書感想文だたけど、私の得意分野だから私が型を教えて書かせました。
それで思うところがあって、現在作文指導をやってるんですが。

とりあえず、夏の選択課題は自由課題にしてほしい。



にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

子供の学力は親次第

私はよく、槙に「子供の学力は親次第」と言っています。

…良くないのかもしれないけど。

私が子供のころ、極々小さいうちは別として、親は私の教育には積極的ではありませんでした。
私の両親は共働き。
父は5時には帰宅してましたが、母の帰宅は物心ついたときには日付が変わってました。
母の顔を見るのは基本的に朝だけ。
ちなみに土日はカルチャースクールです。
英語、スペイン語、フランス語、手話…無線講師もやってたかな?
育児担当は母方の祖母でした(父は婿養子)

そんな前提で。

こういう場合、今の時代なら父が教育担当をするんでしょう。
ところが我が家では父は勉強は見てくれませんでした。
遊び相手ならよくしてくれたんですけどね?
見てもらったこともありますが…
難しくて聞いたら「こんな問題もできないのか!!!」と怒られて泣いた経験があり、以後聞くことは無くなったと思います。
とにかく、トラウマになるような怒られ方をして算数が大嫌いになりましたし、親に聞かないようになりました。
祖母も「おれはわかんねぇよ」と。
私に与えられたのはチャレンジだけ。
でも、見てくれる人はいません。
一人きりでこなせばならず、躓いてもそのまま。
こうなれば、気づいたときには落ちこぼれるわけです。
私の算数テスト万年30点伝説の始まりです。

ま。弟よりだいぶマシなんですけどね。
出来なかったのは算数と理科だけだし。

でも、今でも思います。

小学生のころ、沢山勉強してればな。と。
分からないところを教えてくれる大人がいればな、と。

そんなわけで、私が小学生時代どんなにできなかったか、教えてくれる人がいないとどうなるかなどをよく話してます。
槙が勉強をすることについて不満を持つときとかに、将来の事とかと合わせてよく話をするかな?

で、先日、ちょっとしたことからまたそんな話になりました。

槙:「お母さんって子供のころバカだったんでしょ?」
私:「そうだよ。だって聞く人がいなかったんだもん」
槙:「そっか。千葉ばあばやじいじが悪かったんだね」
私:「そう。誰かが教えてくれてればお母さんだってもっと頭が良くなってたかもしれない。そうしたら違う人生を歩んでたかもしれない。千葉にいにもすごく苦労したんだよ。まぁ、千葉ばあばやじいじは子育てに失敗したんだよね。だから千葉にいにの態度も酷いし…」
槙:「俺は頭いいから母さんは子育てに成功してるね」
私:「分からないよ?結果が分かるのは大人になってからだし」
槙:「成功するよ。だって俺、いい子だし」

書いてみると、なんて自信家なんだよお前、って思うんだけどw
言われた時は自分を肯定されてるようで、ちょっと嬉しかったです。

槙にもよく言ってることだけど、私は将来槙がどんな人生を歩もうと好きに生きればいいと思ってます。
私と同じように、どうせ成人したら顔を合わす機会もほとんどなくなるでしょう。
どこかで生きてればそれで良しです。
でも、会わなくなることが前提だから、自分の人生を自分で良くしていけるだけの土台は築いてあげたいと思ってます。
教育は3千万の財産を残すことに等しい、と何かの本で見たけど、本当にそうだと思います。
なりたい職業があった時に学力で諦めなければならなかったりしたら可哀想だし、学があるということは=広い視野を持っているということでもあると思います。
頭のいい人にすぐ怒る人はいませんが、それは人生を豊かに生きることを知っているからでしょう。
社会の在り方を考えれば、自分の身の振り方にも慎重になります。
だから、所謂「いい職業」に就くのでなくても、豊かに生きるために学力をつけてほしいと思ってます。

あと、ここまで書いて何ですが、勉強のできる子を育てられたか否かで子育てが成功したか否かの評価をしてるわけじゃありません。
そこら辺を気にした人がいたらごめんなさい。
これは私の家庭背景も考えて、私が親に下した評価というだけです。
私は一応、普通の人生を歩んでいますが、弟は警察沙汰や女性関係で色々問題を起こしてました。
私自身も、勉強以外でも頭が悪かったことで後悔していることが多々あり、色々思うことあっての会話内容です。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

子育て支援

市から「子ども・子育て支援に関するニーズ調査」が届きました。

就学児童用って書いてあるんだけど、保育園の延長保育を利用したことがあるかとか、児童館を利用したことがあるかとか幼児用の質問?もありました。
忙しい親でも答えやすいように、記述式ではなくて選択式。

知らないものもあったけど、結構市が頑張っていることを改めて知りました。
基本、専業主婦で祖父母のバックアップがある、うちみたいな家庭には関係ないものだったけど。
だいぶ子育て家庭に優しい社会になりましたよね。

後は利用する側の問題な気がします。

放課後見れないのに学童に入れない家庭とか、赤ちゃんや幼児の検診に行かない家庭とか、せっかくサポートがあっても受け手が受ける気がないと生かされないとは思います。

子育て支援のための効果的な政策の選択項目に「親のための講習会を増やす」みたいなのがあって笑っちゃったけど、そういうのって子育てに関心がある親のためのものですよね。
そういうのに参加する親なら制度を利用するし、積極的に子育て情報を集めると思う。

問題はそう言うのをしない親。
放置していても子供は育つと考えて、子育てに無関心な親だと思うんだけどな。

確かに、片親家庭や働きたいのに働けない女性、働きながら子育てする人のためのサポートは必要だと思います。
後はサポートを利用しようにも利用料金が気になって利用できない家庭とか?
そういうのこそ、行政の出番。

でも、育児の根本的なことは、男性の育児参加も含め、親教育なんじゃないかと私は思います。
講習会とかじゃなくて、そもそも学校教育…中学・高校くらいから教育内容に組んでもいいんじゃないかと。
少なくとも、講習会という形にして自由参加にすると、考えなく作っちゃう人ような人は参加しないだろうし、そうじゃなくても日々の生活に追われて普通は参加しないんじゃないかと。

子供が健やかに育てる社会を…みたいなことが書いてあったけど、やっぱり子供が健やかに育てるかどうかは、結局のところ親の子への働きかけが大きいと思うんですよ、私は。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪

友達づくり

過去記事にコメントを下さった方で、ご近所さんがいたようです。
びっくりしました。
peanutsjamさん、息子さんとうちの槙、同じ小学校ですw
たぶん。きっと。
息子さん、サッカーの上手くて足が速くないですか?
同じ子なら槙の友達です。

ところで、コメント頂いた内容なんですが、「割と最近引っ越してきて友達付き合いが…」というような内容でした。

割と良くある話ですよね。


私は槙が幼稚園の頃は言葉の遅れ故の友達づきあいの心配がありました。
ボキャブラリーの問題なので、とにかく語彙を増やすように努力しました。

槙は今はおしゃべりで語彙もそれなりに豊富なので、困ってません。
槙はすごく社交的で、誰構わず話しかけます。
「一緒にあそぼって言えば友達になれるよ?」と言ってるような子で、グループができてる中でも平気で入っていきます。人類皆友達みたいな子なんですよね。。。
親から見てもあり得ないです。

なので、特に友達関係は困ってません。
親は基本的に子供の交友関係はノータッチです。
そもそも、学校は人間関係を学ぶ場だと思うので。
色々な理不尽含め。

槙の話は聞きます。
本人が友達のことについて話せば。
こちらからはあえて聞きません。
聞く機会があったら聞くくらい。

今はいじめの問題とかもあるんで、そこを不安に思う方もいるかもですが。

私の場合は一応、色んなことで槙と話し合いはしていて、所々で離婚や障害、いじめ等の問題を話し合ってます。
絵本や国語の問題なんかできっかけがあったら、「~だったら、まーくんはどうすると思う?」と。
対処方法を考えることを学習していけば、自分で解決の糸口を探すこともできるのではないでしょうか?
その上で、自分に手に負えない問題なら親に相談してくるなりするのではないかと。

親としてできることといえば、子供がリラックスできる家庭を維持することくらいではないでしょうか?

まぁ、これがすごく難しいんですけどね。
自分自身、できているか不明です。

ただ、私の実家で、私はリラックスできませんでした。
父は怒鳴るし。
母は普段家にいない(仕事で子供の寝る時間までには帰ってこない)割に文句多いし。

現代日本の大人たちって、忙しさに流されて、子供とじっくり向き合うことが難しいと思うんです。
でも、子供は「小さな人」です。
尊重されるべきひとりの人間です。
だから、「こういう言動をされたら自分ならどう思うか」と常に考えて子供に接する必要があると思うんです。

で、自分が一人の人間として尊重されている、と子供が思えば、親に開ける心の部分も大きくなると思うんですよね。


他県からの転入の場合は、親も不安だと思います。
何せ情報がね…
ただ、その場合も、子供が学校のことを話してくれれば問題ないと思います。
私も携帯番号知ってるような仲のいいママさんがいるわけでもないんで、情報は槙から、分からなきゃ先生に連絡帳で聞きます。

6年間もあれば誰かとは仲良くできるでしょう。
中学校は別の地区も入ってきます。
習い事をやってれば友達もその分増えるし、クラブ活動で得る仲間もあるでしょう。
1年生なんてまだ始まったばかりです。

あ、それでちょっと思い出しました。

最初のころ、槙が友達づきあいで悩んでました。
仲のいい子が席が遠いんだと。
近くの子とも話すが、離れた所に親友がいて切ないと。
その時に同じようなことを言いました。
「そのうち席替えするよ。クラスの友達も1年でバイバイさ。何でクラス替えや席替えがあると思う?」と。


にほんブログ村 子育てブログへ←応援が更新の励みになります♪
プロフィール

伊都

Author:伊都
槙(兄)と千朝(妹)、2児の母
なるべくお金をかけずに早期教育実施中。

現在、育児にかなり時間を割いていて更新&コメレスは遅れがちです。
お返事や訪問は遅くなるかと思いますが、よろしくお願いします。

当ブログはリンクフリーですが、相互リンクに関しては関係のあるジャンルのみ受け付けます。
コメントは過去記事へのコメントも含め、大歓迎!
ただし、管理人が不適切と判断したコメント、TBなどは予告なく削除させていただく場合がありますのでご了承下さい。

いくつになったの
カレンダー
過去記事はこちらからどうぞ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Lc.ツリーカテゴリー
FC2カウンター
ブログカウンター
ブログ内検索
Amazon
楽天
最近の記事
FC2ブログランキング
ランキングに参加してます♪

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
おきてがみ
リンク
ワールドファミリー
お小遣いサイト
ポイント貯めてお小遣いGET♪
懸賞&ポイントサイト

フルーツメール


稼ぎ方色々♪
正にお小遣い稼ぎの決定版!!


ポイント還元率高い!
実質無料でお買い物できることも! 無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

電撃キャッシュバックもある?!!


ポイント獲得方法色々☆ お得なポイント貯まる!ECナビ

ライターサイト
記事を書いて報酬GET♪
アフィリエイト ブログ





ブログ広告ならブログ広告.com

アフィリエイトならリンクシェア

アフィリエイト


 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム